GAT2019のガイスターAI大会に出場し, 優勝しました

GAT(Game AI tournaments) とは,Game AI の強さを競う大会で,今年が第4回の大会になります(GAT2019のページ).ここでの「ゲーム」は,デジタルカーリングからターン制ゲーム,さらにミニ四駆までと幅広く 取り上げられています.取り上げられているゲームの一つが「ガイスター」です.ガイスターは,wikipedia の記事によると,1982年に ドイツ で発売されたボードゲームであり,その年の ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされており,その後も何度も再販が繰り返されている,根強い人気のゲームと言えるかと思います.ガイスター自体は, 6×6のマスからなる盤面状に 2種8個のコマをお互いに種類がわからないように配置し取り合う,不完全情報型のゲームです.

ガイスターAI大会はGPW(ゲームプログラミングワークショップ)2017から行われており,今回が4度目の大会となります.過去の大会ページはGPW2017, GAT2018, GPW2018にあります.今回の大会も委員長の橋本剛先生により公開されています(ガイスターAI大会
GAT2018

前置きが長くなりましたが,2019年3月10日に電気通信大学にて開催されたこのガイスターAI大会に,B3の伊藤雅士さんが中心となって作ったプログラムStrongStrongMasashi(
伊藤雅士,大久保壮浩,木谷裕紀,小野廣隆(名古屋大学) )で出場し,見事優勝を果たしました.このプログラム作成は情報文化学部の3年生対象のセミナーで取り組んだものです.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *